2018年12月06日

平成30年度 12月のおたより

12月を迎えようとするこの時期でも、あまり寒くはなく、子ども達にとっては、過ごしやすい毎日が続いております。外で、ドッチボールやサッカーに興じる年長児達は、額の汗をぬぐいながら園庭を走り回っています。そんな時の仲間とのやりとりは、皆、自信満々で、時には仲間に強く言い過ぎて、揉めたりもするのですが、大抵のことは自分たちで話し合い、収まっているようです。もちろん先生がその場に入らなければならないほど白熱することもあるでしょうが、今の年長さん達にとっては、自分の考えを熱く語ることも大切な経験だと思います。年中児達も簡単なルールのある追いかけっこや、自分たちの遊びのイメージを、仲間と共有しながら、いろいろなごっこ遊びを楽しんでいるようです。また、1学期の砂場や泥んこから続いて、いつの間にか泥団子作りへと興味を示し始め、夢中になって黙々と取り組む姿も見られるようになりました。年少児も自分たちの遊ぶ場所を、いろいろと探索しています。年少の5クラス(満3歳児も含む)が園舎の一番端と端に分かれているにも拘わらず、とても意欲的にいろいろな場所へ出向いて遊んでいる様子が見られます。先生達が、意識的に子ども達の興味を広げながら、年少児達の遊びや生活が、もっと伸び伸びと過ごせるように、お兄さんお姉さん達にも関わってもらい、自分のクラスに縛られずに、行き来出来る環境や場面を用意しているからだと思います。年少の時に幼稚園の隅から隅までを、自分たちのテリトリーに出来るからこそ、私たちの園生活の核とも言える主体的な「遊び」が充実していくのではないでしょうか。子どもの内面に自由感が育っているような気がします。


その一方で、自律感の芽生えも確実に育っています。先日、若葉会のお楽しみ会でお招きした『ロバの音楽座』の皆さんが、子ども達の姿をとても褒めて下さいました。「号令や合図で口を閉じるようにさせられていないのに、静かに聞き入る場面では、本当にしーんとして、物音一つさせないで聞く姿がすごい、楽しい場面では、音楽を心から楽しむことが出来る自然な姿が良いですね」とのことでしたが、私もその場で、子ども達の集中力に驚かされ、また生き生きとしたメリハリを感じました。ロバの音楽座の皆さんが、いつも楽しくて、質の高い音楽を披露して下さるからこそだとも思いましたが、子ども達の成長を垣間見た思いでした。また、若葉会の皆様に、6月のバザーでご協力頂いたことが、子ども達の素敵な経験に繋がり、この活動を支えて下さったことに感謝いたします。有り難うございました。


 さて今月は、表現の活動のひとつ、「はばたきの会」があります。どの行事も学年での取り組み方が違いますが、それは、年齢なりの成長過程を踏まえ、今どんな経験が次に繋がっていくのか、成長を助けるのか等を考えての指導計画となっているからです。また詳細は、お楽しみにして頂ければと思います。それから、子ども達にとって、大きな楽しみの一つであるクリスマス会もございます。毎年お伝えしていますが、子どもにとって、「目に見えないものを信じる」という経験は、空想や想像の世界を広げるだけでなく、自分の心の内を見る、内省的な経験にも繋がります。どの子もが、いつも自分は良い子でありたい、と願っています。そして、その願いがかなうことに、意味があるのではないでしょうか。高価なプレゼントが手に入る日になるよりも、大好きな大人達から、そして、目には見ることのできない誰かから「貴方はこの1年間よい子だったね。」と伝えてもらえることの方が、その子の成長を助けると思います。「クリスマス」とは、家族の繋がりを実感し、その中で育つ「よい子」を安心させ、認めてあげることに意味があるような気がします。


クリスマス会では、ファンタジックで神聖なひと時を作りたいと考えています。また、後半は、子ども達だけで想像の世界を膨らませ、楽しみたいと思います。ご協力をお願い致します。

いよいよ年の瀬も近づき、年末年始のお休みとなりますが、故郷へ帰られたり、ご親戚で集まられたり、お家でゆっくり過ごされたりということもあるかと思います。子どもにとっては、この季節は、「家族」を身近に感じることの出来る大切な冬休みです。故郷やお住まいの地域の伝統行事や伝承行事に触れる機会が有るかもしれません。ぜひ、お子様と一緒に参加してみてはいかがでしょうか。そして、それぞれのお家らしい、良いお正月を、ご家族皆様でお迎え下さい。
posted by はやし太郎 at 07:42| Comment(0) | 園だよリ