2019年02月18日

平成30年度2月のおたより

ここに来て、寒さも厳しさを増し、巷ではインフルエンザが猛威を振るっているようです。園では、まだ若干名ではありますが、どうもインフルエンザにかかるタイミングが週末にかけてが多いような気がしています。園の中でも子ども同士の接触でうつる事もあるとは思いますが、やはり人混みや、電車やバス、映画館など密室での接触、空気感染かもしれませんね。ご家族でお出かけなどをされる時には、手洗いやうがいなど充分に気を付けたいものです。さて、2月の大きな行事としては生活展があります。この一年間の園生活を描画や作品を通してご覧頂きますが、幼児にとって、表現活動は、身近な人に伝えたい出来事や心情を受け止めてもらうことで、次への意欲が生まれるのではないかと考えております。当日は、担任と作品を通してお話をする時間もありますので、お子様とゆっくりご覧頂きたいと思います。


ところで、今年は消費税の増税があり、その税収の多くが幼児教育の無償化や社会保障の充実へ向けられることになっています。しかし学園として、まだ確実な情報を掴みかねており、事務的な対応も含め、どのようになるのか、多少の不安を抱えております。また、無償化の条件として、幼児教育の質の向上が求められているとはいえ、現実問題、地域や環境などに大きな差や違いがあるのは否めません。これらがどの様に是正されていくのか、多くの幼稚園、保育園の現場で新しい教育要領、保育指針に対しての正しい理解と保育実践がどの程度、保障されていくのか、など、自園の保育の向上も含め、難しい問題は山積しています。こんなことを考える日々の中、ふと、晴れた青空の下で、活き活きと遊び、闊達に園生活を送る子ども達を眺めていると、この子ども達が担っていくであろう「未来」を想像することの難しさも感じます。私が子育てに明け暮れていた30年前、今のような、スマホの普及や人との関わり方の一つであるSNSの在り方、科学技術の活用としてのAIロボット(人工知能)との付き合い方など、どれも想像できませんでした。けれど、過日の新聞で、2050年には、このAI(人工知能)が人間の知性を超える時代になる、という記事を目にしました。目の前で元気に遊ぶ子ども達は、AI(人工知能)と共生する社会を創造していくことになるのでしょうか。人間の能力は、技術の発展と反比例して衰えていると言われています。スマホの普及は人間の考える能力を奪っているとも言われています。30年後の社会では、人々がAIに支配されるのではなく、AIに新しい仕事を与えられるような発想力を求められているのです。そして、その為にもこれからの子ども達の教育に求められているのは、子どもが、自ら興味を持ち、探究していく力、人やものとの関わりの中で、問題を解決に導くことのできる力なのです。ある意味、人間らしさ、人間力をどれだけ豊かに育む事ができるか、ということになるのでしょうか。2025年には今の仕事の半分が消滅すると言われています。知識をたくさん覚えたり、早く間違わずに計算したりということは機械、AIに任せる時代です。仕事の成り立ちを0から10までと仮定すると、これからの時代に仕事の中で求められている人間力は,0から1まで、つまり何もない所からアイディアを生み出す発想力と、9から10まで、これは、完結させ、まとめあげ、形にする力であると言われています。

記事はパスカル(哲学者)の言葉で締めくくられていました。『人間は葦に過ぎない、だが、考える葦である』これは人間は弱いものであるが、考えることができる為に尊厳がある、ということ。そして、『すべての人間は幸福を求める。これこそが、あらゆる行動の動機である。』今月は日本経済新聞の特集からの引用が大きく占めましたが、この記事を理事長と語り合い、これからの幼児教育の方向性に共感できるものでしたので保護者の皆さまにお伝えさせて頂きました。あしからずご了解ください。


子ども達の未来が豊かで温かい人間性に満ちたものになることを,心から願い、そんな社会を創造できる力を、子どもたち一人ひとりの人間性の中に育めるように、成長を見守っていきたいと考えます。


年長児たちが最後に取り組む卒園遠足も、少しずつ準備が進んでいます。まずは、一人ひとりが自分の考えを持つこと、それを伝え合い、次に相手の気持ちや考えを理解しようとすることを通して、自分達で創り上げていく経験ができるように進めていこうと考えております。また、公共の場所でどのように振る舞うことが大切か、ということも皆で共有していきたいと考えております。
posted by はやし太郎 at 09:50| Comment(0) | 園だよリ