2019年03月01日

平成30年度 3月のおたより

平成30年度もいよいよ最終月を迎えることとなりました。園庭の梅の木に、ちらほらと花がほころびはじめました。まだ冷たい風が吹いている園庭に、まるで春の息吹を運んで来てくれたように感じます。その園庭では、どの学年の子ども達もが、本当によく遊びに興じている様子がうかがえます。特に友だちと関わり合う事が楽しくなってきた年少児達は、あまりルールに囚われない、単純な追いかけっこやごっこ遊びなどが成立するようになってきました。


また、年中児達は、より仲間意識が強くなっているのか、工作コーナーで、誘い合って同じ材料を探しながら揃え、全く同じ物を作っていたり、一緒に大きな一つの物を創り上げようとしたり、その作った物を使って、少し複雑な場面を想定したごっこ遊びを楽しんでいる姿は、はつらつとして、遊び方に勢いと各々の思考が出てきたように映ります。どの子も所在なく園生活を送っている様子は見られません。


さて年長児達にとっては、まもなく卒園を迎えるわけですが、先日取り組んだ卒園遠足は、本当に見事に子ども達の成長を感じるものでした。この取り組みを進めるに当たり、私たちが先ず考えたのは、今年施行された新幼稚園教育要領の特に「幼稚園教育において育みたい資質、能力及び幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を、どう捉え園の教育方針と整合させながら保育実践に結びつけていくことが出来るか、という課題でした。「幼児教育は環境を通して行なわれるものであり、教師との信頼関係を築きながら、幼児が身近な環境に主体的に関わり、環境との関わり方や意味に気づき、これらを取り込もうとして試行錯誤したり考えたりするようになる」という幼児教育の基本を踏まえ、私たちは卒園遠足の位置づけを、子ども達の主体的な活動の集大成として「子ども達が主体となり、先生と共に創り上げ実践するもの」ということにしたのです。今回の一連の体験を通して、誰もがその子なりに感じたり、気付いたり、分かったり、という学びに向かう姿が準備期間の始めから最後まで見られました。


また、自分たちで作る遠足ということに、一人ひとりが主体的に関わるということから、どの子も、その難しさや大変さにも直面したことと思います。けれど、それをひとつひとつ乗り越えることで、いくつもの達成感を味わい、自立への小さな一歩を踏み出してくれたのではないでしょうか。また、友だちと関わりながら、共通の目的を実現させるために、考え合い工夫し、協力する経験も積みました。子ども達が計画を練る中や当日の行動の中で、必要な事として文字や数量、時間を取り込もうとする姿も見られました。そして、公共の場所での振る舞いも、どの子も素晴らしい姿であったと言って良いと思います。疲れて帰る電車の中でも、誰一人勝手な行動をとる姿はありませんでした。往復とも周囲の乗客や駅で出会った人々から、温かいまなざしを感じ、またお褒めの言葉を頂く場面に遭遇した職員も多かったのではないでしょうか。また、ズーラシアの中での姿も、皆とても生き生きとしていました。自分たちの目的や時程を共有しながら仲間達と楽しく過ごす姿が、とても誇らしく輝いて見えました。当日は、他にも17団体がひしめく園内で、オリジナルの地図を持って、意気揚々とずんずんと進み、目的の場所にたどり着くと、じっくり見入る子ども達の様子は端から見ても、幼児とは思えない程のたくましさがありました。愉快なエピソードは各グループの先生からも沢山出てくると思いますが、年長児達にとって最後の遠足が、一人ひとりの自信と誇りを育み、楽しい思い出の一つとなってくれることを願います。


さて、このような1年を締めくくるに当たり、幼稚園の教育活動に、特段にご尽力下さいました若葉会執行部、並びに各委員会の皆様、また各サークル、父親会議の皆様に心よりお礼を申し上げたいと存じます。幼児教育は園のみが行なうものではありません。子ども達をまん中において、園と保護者そしてそれを取り巻く社会が、目の前の子ども達の成長に力を注ぎ、支え、健やかに育つ環境を、より良いものへ昇華させていくべきものだと思います。また、私たち保育者には、子ども達に対して重い責任があると思っています。それは、一人だけが良く育てばよいのではなく、どの子もが皆、健やかに「育ち合う場」としての園の役割があるということです。「心豊かにたくましく」という園の教育目標に向かって様々な保育活動を充実させ、進めてこられましたこと、全ての保護者の皆様のご支援に感謝申し上げます。本当に有り難うございました。 
posted by はやし太郎 at 13:42| Comment(0) | 園だよリ