2020年03月02日

令和2年 3月のおたより

今年度は、平成31年に始まり、51日からは、令和元年度へ、そして新年は令和2年を迎えるというなんとも忙しく複雑な1年であったような気がします。

行政の書類などを整えるにも何かと気を遣いましたが、長い歴史を有する日本の伝統文化を子ども達に伝えるためには、大切な一年だったのかも知れません。



その年度も3月を以て締めくくるわけですが、ここに来て、世界中を不安で覆うように新型コロナウィルスの感染者が増え続けているニュースを耳にします。

今まであまり経験のない事態に瀕し、私達はどのように対応していかなければならないのでしょうか。

少しでも早く正確な情報を得ることと日常生活の中での、衛生管理の仕方や健康を支える生活習慣などを、見直さなければならないときに来ているのかも知れません。

また、政府の諮問した専門家会議によれば、ここ12週間が感染拡大を防ぐために出来るだけの対応をしなければならない時にきている、との発表がありました。

そこで、保護者の皆様にご協力をお願いしたい事がございます。

お子様の登園に際し、毎朝体温を測って頂き、万が一平熱よりも高い場合は念のため、お休みをして頂きたいのです。

また同居のご家族全員の体温測定もお願いし、万全を期して対応のご協力をお願い申し上げます。

園では、子ども達だけでなく教職員の体温測定、子ども達と共に咳エチケットの徹底、手洗いうがいの励行、また、自園で生成している次亜塩素酸水の消毒スプレーを全職員が常に携帯し、子どもが触れる場所や手や指の消毒のために活用するなど、子ども達の安全を第一に対応して参ります。ご家庭でも咳エチケット、手洗いうがいの仕方などを、お子様に繰り返し伝えるなど、心掛けて頂きたいと思います。



さて、少し前のお話になるのですが、久しぶりに会った友人と都内のホテルでランチをしたときのことです。

お隣の席に小学生の兄弟がご両親と食事をしていました。

そのご家族の様子を見て、とても奇妙な空気を感じました。とても静かだったのですが、それもそのはず、ご両親は、それぞれスマホを見ていました。お兄ちゃんは、タブレット、弟はゲーム機に夢中、家族全員が、ほとんど会話もないまま食事をしていました。

ビュッフェでしたので、料理を取りに行くのもバラバラ、食べている物もそれぞれ違うので、何のために家族でここに居るのかと思わせる、とてもひんやりとした不思議な光景でした。

最後までご両親はお子さん達が何を食しているのか、美味しそうに食べているのか、まずそうなのかさえ関心がないようでした。


大人の都合で、子どもを静かにさせたい時などにゲームをやらせたり、テレビを見せたりすることは有るかもしれません。

けれどそれが常態化してしまうと、大人が気付かないうちに、大切な力を子どもから奪ってしまうのではないでしょうか。

何より家族の団らんには、会話が欠かせません。

暖かい気遣いや楽しい会話を介して家族の絆が出来ていくのではないでしょうか。


先日、小中学校の先生から、最近の子ども達のコミュニケーション能力の問題を伺いました。

自分の気持ちを納められない、衝動的な行動、相手の考えや気持ちを理解できない。そんな姿がとても多くなっているとのことでした。

これらは自分の気持ちを自分の言葉で表現できないことの表れではないか、とも言われていました。

しかし私は、その根源には、その子ども達が、自分の思いや気持ちをどれだけ受け止めてもらってきたか、ということが重要だと思うのです。

自分の発した様々な思い、喜怒哀楽を、きちんと受け止めてもらうことで、安心感が育ち、その安心感が自分を発信していく自我に繋がるのではないでしょうか。

我が子とはいえ、自分とは個性や感性も違うでしょう。

その違いを理解していくのは、子育ての難しい過程であるとは想像できますが、駄々をこねたりぐずったりしたときには、あきらめずにその気持ちに少しだけ寄り添ってみて下さい。

我が子とのたわいない会話の中に、何気なく共感出来ることを見つけて頂きたいと思います。


子ども達にとって、お家の方になら、安心して自分の素のままが出せるということがとても大切で、それが根底にあることで、コミュニケーションの力が育つのではないかと思うのです。 


今、学校では、子ども達のSNSを介してのトラブルやゲームへの依存から来る学習意欲の低下が大きな問題になっているそうです。


子ども達の健やかな成長のために避けなければならないのは、ウィルスだけではなさそうです。



 さて、進級、卒園を控えせわしない生活になりがちですが、園では一日一日を惜しむように、大切に子ども達と過ごしていきたいと考えております。
子ども達がお互いの成長を喜び、認め合い、また明日への希望を持って充実した日々が過ごせるように、共に過ごしていきたいと存じます。


 さらに今年度も、若葉会役員並びに保護者の皆様には大きなお力添えを頂きました。
本当に様々な場面でご協力頂き感謝申し上げたいと思います。
有り難うございました。

 新年度も若葉会の皆様と共に、子ども達を中心に据え、教職員一同力を合わせ努力していきたいと存じます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
posted by はやし太郎 at 10:01| Comment(0) | 園だよリ