2017年04月28日

H29年度 はやし5月のおたより


 幼稚園に新しいお友達を迎えてから、3週間が経とうとしております。この頃には、新入園児も登園してからお帰りをするまでの一連の生活の流れにもだいぶ慣れてきました。外履きと上履きの履き替えや、外へ出かける時には必ずかぶるカラー帽子の扱いも、少しずつ身に付いてきているようです。園庭に目を移すと、砂場は、特に賑わっており、砂山をつくったり、穴を掘ったり、水を流したりと、年中長の子ども達に混ざって、新入園児達の姿も多くみられます。園庭の片隅にシャボン玉コーナーを出せば、次々と子ども達が集まり、いつのまにか、園庭中がキラキラしたシャボン玉で一杯になるほどです。ライン引きで大きく描いたサーキットでは、途中に設置したトンネルをくぐったり、先生が掲げるタンバリンめがけてジャンプしたりと、此処でも、繰り返し元気に遊ぶ子ども達の姿がみられます。保育室でもままごとや、お絵かき、ブロック、積み木と、様々な場所で、興味の赴くままに遊び始める子ども達、幼稚園中のあちらこちらで、子どもと子どもの自然な関わり合いが生まれ、どの子も他者の存在を意識しながら、園生活を始めています。知らない同志でも、遊びを通して心を通わせたり、時には反目したり、戸惑いや驚きに満ちた体験が繰り返されるそんな日々が始まりました。私たち保育者は、もうしばらく時間をかけて、子ども達の「はやし幼稚園」で過ごす時間と空間が、一人ひとりにとって「自分のもの」になるために、じっくりと関わっていきたいと思っております。まずは、子ども達一人ひとりが、やってみたいことに目が向く事、そのやってみようとする気持ちを丁寧に受けとめながら、子ども達に「幼稚園は楽しい」と感じてほしいと願っています。

さて、今月は長いお休みがあり、ご家族でゆっくり過ごされる方も多いと思います。遠方にお出掛けするのもよいのですが、陽気の良い中、何気ない近所のお散歩でも、子どもにとっては、たくさんの発見や面白さに出合うことが出来ると思います。親子で楽しくおしゃべりをしながら、おやつを作ったりして、ゆったりとした時間を過ごすことでも、楽しいお休みになるのではないでしょうか。ここしばらく頑張って登園して来ていた子ども達にとっても、このお休みで少し息抜きができ、ホッとする事だと思います。ところが、この連休が明けると、すぐに、親子遠足から始まって、本格的な園生活に向かいます。遊びや活動などが充実するにしたがって、子ども達は益々闊達に行動するようになると同時に、一気に疲れがたまることも予想されます。特に長時間保育の子ども達にとっては、幼稚園の活動時間が長くなる事で、楽しくはあるけれど、夕方に向かっての時間の中で、疲れを感じるのは当然ある事だと思います。午睡なども個別に配慮いたしますが、ご家庭でもお子様の様子を見て、無理のないペースで過ごしていただきたいとお願い致します。

さて、過日の身体測定、クラス懇談会には、多くの保護者の皆さまにご協力頂き、滞りなく行うことが出来ました。また、新年度の若葉会役員にご協力頂きました皆さまには、心よりお礼を申し上げます。此れからの1年間、皆さまとしっかり連携を取りながら、子ども達の園生活がより充実したものと成る様にしていきたいと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。さて、その折クラス便りのリニューアルについてお話しをいたしましたが、もう一つご報告があります。今年の1月に取り組みました全日本私立幼稚園幼児教育研究機構による第3者評価の結果が届きました。お陰さまで【A】という高い評価を頂くことが出来ました。神奈川県私立幼稚園連合会からもこの結果を公表したいとのお申し出を頂きました。幼児教育の質向上へ向けた取り組みの中で、学園としてチャレンジしたことではありましたが、この事で改めて学ぶところが非常に多く、幼児教育に対して、今まで以上に広い視野と深い視点を持つことが出来ました。この様なきっかけを持ったことで、日々の保育の中でも、教職員一同で小さくても前向きな変革をしていきたいと考えております、それが確かな保育力の向上につなげられるように今後も努力をしていきたいと思っております。

posted by はやし太郎 at 16:54| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: