2018年06月12日

梅の実採り

こんにちは。
はやし幼稚園です。

はやし幼稚園内には果樹の成る木がいくつかあります。
その一つが梅の木なのですが、梅の実は熟してくるととてもいい匂いがして、
見た目もきれいなオレンジ色をしています。

ここ数日はそんな梅の実に誘われてか、たくさんの子どもたちが枝から落ちた梅の実を拾っていたのですが、
今日はもも組さんが梅ジュースや梅干しを作りたいということで、
枝に成っている梅の実を採りました。

悪戦苦闘の一日でしたが、子どもたちの育ちも垣間見えた瞬間でもありましたので、お伝えしたいと思います。


まずは、梅の木に登って直接取ろうということで、木登りが得意な子たちが登り始めました。
IMGP6389.JPG

IMGP6353.JPG

しかし、途中まで登れても梅の実に届く場所までは登ることが出来ません。

あと少し!!
IMGP6375.JPG

そこで今度は先生に相談しました。
「先生!だっこしてよ!そうすれば届くかも!」
さて、結果はどうでしょうか?
IMGP6366.JPG

やはりあと少しのところで、届きません。中々難しいですね。
IMGP6357.JPG

またもも組で話し合いが始まりました。
そこである子が一言。
「いつも使っている虫取り網を使って取ればいいんじゃない?」
IMGP6407.JPG

何度かの失敗の後、みんなで話し合った結果に出た作戦は大成功。
梅の実は虫取り網で触れるとぽろぽろ落ちてきました。
IMGP6408.JPG

しかしそこでまた問題が発生しました。
落ちた梅の実は地面にあたると、汚れてしまったり、傷がついてしまいます。
それでは梅の実を使ったジュースが出来ません。

そこで丁寧に一つずつ渡すことにしたのですが、中々難しいようです。
IMGP6403.JPG

今度は先生の知恵で、布を使って梅の実の受け皿にしようということになりました。
こうすればいくら梅の実が落ちてきても安心です。
IMGP6414.JPG

こうしてこんなにたくさんの梅の実が取れました。
IMGP6432.JPG

採った梅は丁寧に洗って干しました。おいしい梅ジュースになるといいですね。
IMGP6438.JPG

梅の実をとろうという何気ない出来事でも、最初から職員が答えを出すのではなく、
子ども達に考えてもらい、いろんな方法で試行錯誤をしながら、話し合いをしながら、
時には保育者が援助をして梅の実を獲得していくことが、まさに生活の中での学びに
なっていると実感しています。

また、もも組のある子が
「たくさん梅ジュースが作れたら、他のクラスにも分けてあげようね。」
と言っていました。
素敵な言葉ですね。

これからもはやし幼稚園の生活の中にある子ども達の体験や学びを
伝えていけたらと思います。
posted by はやし太郎 at 16:15| Comment(0) | 園生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: