2019年01月28日

ピザ作り隊!

こんにちは。
はやし幼稚園です。

少し前のことになりますが、年長児をメインにピザづくりをしました。
1月になると、年長の子どもたちには、提供された遊びや体験を受動的にやるのではなく、
外部環境に対して、自らが主体的に働きかけて、考え、遊ぶという経験を
日々行っており、このピザづくりもその一つです。

その一部始終をお伝えします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1月のある日、ウッドデッキにはこんな看板が。
IMGP0906.JPG

【ピザ作り隊】募集中と書いてあります。
これは先生が子どもたちに対してピザを作ろうと誘うための看板で、
興味がある子は指定の時間にホールに集まりました。

最初に集まった際の作戦会議です。
ピザを作ろうにも、まずはピザは何で出来ているのか、どんな味にするかなどを
話して決めていきます。ピザを作る以外はみんなで話し合って決めていきます。
IMGP0908.JPG

話していると、ホールの外から興味がある子が覗いています。
ピザ作り隊の締め切りはありませんので、入りたければすぐに入ることが出来ます。
IMGP0914.JPG

少しずつ集まってきました。
IMGP0916.JPG

作り隊に入るには、名簿に自分の名前をはんこで押すことが必要です。
一文字ずつ、自分の名前のはんこを選んで、丁寧に押しています。
IMGP0901.JPG

最終的にはこれだけ多く集まりました。
人数が増えると、様々な意見が挙がり、会議も熱を帯びてきました。
IMGP0934.JPG

「何味のピザにする?」「何が必要なのかな?」と、話が盛り上がります。
たくさんの想いや意見は、先生がまとめます。
IMGP0927.JPG

後日、相鉄ローゼンへ行き、お買い物をするということになりました。
待ち遠しく、楽しみにして、この日はさようならをしました。



そして、買い物当日。
今年の年長のみんなは、年中組の頃にも相鉄ローゼンへ行き、買い物をした経験があるため、
不安な顔はなく、むしろ自分で買い物をして、ピザを焼くということがとても楽しみでいるように見えます。
IMGP0950.JPG

いざ、出発です!園外に出ると、普段は思いっきり遊びまわる子どもたちも、
先生が細かくいうことなく、自然と交通ルールに従って、歩いていきます。
IMGP0963.JPG

IMGP0988.JPG

さて、ローゼンに着くと早速問題が。なんと事前に買おうとしていたトマトですが、
大きいトマトや小さいトマト、更には値段もバラバラなのです。
どうしよう?と考えます。
結局、値段も比較的安く、数が多い小さいトマトを買うことになりました。
話し合いだけではわからないことが、このように自ら経験することでわかることもあるんですね。
IMGP1006.JPG

他にも調味料や、お肉を買いました。
サラミを食べたかったのですが、値段が高く、今回は断念。
ソーセージに変更になりました。
IMGP1016.JPG


IMGP1025.JPG

最終的にこれだけたくさんの具材を買うことが出来ました。
今日はこれでおしまいです。
次回はいよいよピザ作りです。
IMGP1143.JPG


さて、ピザ作り当日です。
IMGP1149.JPG

小麦粉のグラム数を測っています。
200グラムぴったりになるよう、そのまなざしは真剣そのもの。
IMGP1160.JPG

あとはこねて生地を作っていきます。
IMGP1188.JPG

IMGP1219.JPG

生地の上に、思い思いの具材を乗せて、あとは焼くだけです。
早く食べたい!!
IMGP1234.JPG

ピザは以前にもブログでお話ししたこの手作りピザ釜で焼きます。
IMGP1228.JPG

とてもおいしそう!
ちなみにこの写真ではわかりませんが、このピザ釜の前で何人もの子どもたちの
「おいしそう!」という歓声が上がっていました!
IMGP1248.JPG


「いただきます!」
とてもおいしそうに頬張る子どもたちです。
DSCF3660.JPG

DSCF3655.JPG

ただピザを作って食べるという経験の中にも、子どもたちにとっては、たくさんの学びがあります。
その学びを最大限にするために、保育者はすぐに答えを示すのではなく、一緒に悩み、考えます。
同時に、今後のあらゆる想定をして、子どもたちが主体性を持って活動するにはどうすべきかを考えています。

一見すると、遠回りにみえるピザ作りですが、私たちの大切にしている学びがそこにあると信じて、
これからもがんばってまいります。
posted by はやし太郎 at 16:56| Comment(0) | 園生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: