2019年06月26日

令和元年度7月のおたより

今年のバザーは、想定外のアクシデントの中、現執行さんを始めとして、バザー委員さん、さらには昨年度までの執行さんなど旧役員さん達にまでも助けられ、温かい雰囲気に包まれながら、終えることができました。ご協力を頂きました保護者の皆様には、心から御礼申しあげます。そして、今年も子ども達のために、この浄財を活用して下さることと思います。お力添え、誠に有り難うございました。


 さて、6月は、昨年度の卒園児が進学した小学校から交流会のご案内を頂きましたので、年長時の担任と園長ができるだけ伺い、1年生の授業参観と懇談会へ参加して参りました。どこの学校でも、とても子ども達が喜んで迎えてくれました。卒園児達は、授業中、そわそわした様子の中にも、張り切って一生懸命取り組む姿が見られ、その様子に安堵し、嬉しい気持ちで園に帰って参りました。ところで以前と比べ、この交流会へ参加される園がとても増えました。後半の懇談会も、参観についての感想を聞かれるだけではなく、幼稚園や保育園の指導についてや幼児教育の考え方について等の意見交換、更に小学校教育との連携について、グループで話し合うなど、その取り組み方に例年とは、違う変化が見られました。来年度から改訂される小学校の学習指導要領の影響があるのではないかと考えられるのですが、幼稚園教育要領が「遊びを通した総合的な教育であること」そして幼児期の子ども達に育みたい資質・能力の3つの柱の土台に「主体的で対話的な深い学び」があり、それが小学校以降の教育へ繋がることもお話しする機会もあり、これからの小学校教育と幼児教育の連携の重要性を参加者と共有する事に繋がりました。折しも、先日小学校教育における「スタートカリキュラムと幼少連携について」という研修会が、先駆的な取り組みをされている横浜の小学校の校長先生を囲んで行なわれたばかりでしたので、子ども達一人ひとりの成長の道筋が、小学校以降へ、少しでもスムーズに繋がり、確実なものとなる様に幼稚園も力を尽くしていきたいと一層強く感じました。


さて、7月に入り、年少、年中児達は園生活のペースにも慣れ、自分の興味のある遊びを介して、友だちや先生との関わりがだいぶ見られるようになりました。年中児などは、日替わりのように、様々なごっこ遊びで楽しむ様子があり、年少児も自分の気に入った遊具や玩具を介して、または砂場など伸び伸びとした遊び環境の中で、自分から遊びに加わろうとする姿も多くなりました。この時期に催す「夕涼み会」は、友だちや先生との関わり方に、想像の世界を取り込み、「ことばのやりとりを重ねる面白さ」を楽しめるようになってきた年中児にとっては、何よりの経験となるでしょう。夕闇の幼稚園の中で起こる出来事に、子ども達は想像力を働かせて、仲間とイメージを共有しながら、ファンタジックな時間を過ごします。年少児達も、友だちや先生、頼りになるお兄さん、お姉さん達と一緒にワクワクする出来事を楽しむこととなります。この夕涼み会では、どの子もが主人公になって物語を創り上げていきますが、当日まで、何が起こるかは、お楽しみです。又、年長児のお泊まり会ですが、ここまで一人ひとりの内面に、ゆっくりと育ってきた自立心が、お泊まり会で仲間や先生と心を通わせ、支え合うことで、互いを認め合い、自分を信じる力への一歩となる事と思います。そうあるように、私たちは、子ども達と真正面から向き合い、じっくりと付き合って3日間過ごしてきたいと考えておりますので、どうぞ安心してお子様を委ねていただきたいと思います。ご協力を宜しくお願い致します。


最後に、もうすぐ夏休みに入りますが、子どもにとって夏休みは、ご家族で、少しゆったりと過ごす生活を送ることで、子どもの心が解放され、沢山のエネルギーを蓄えることができると言われています。特別なことではなく、日々の生活の中で、こどもを時間で追い立てず、大人時間に付き合わせずに「こどものペース」を見極めていただけるようにお過ごしください。きっと何気ない生活の中で、我が子の良さを沢山見つけることができるのではないでしょうか。暑い中、ついいらいらしてしまうこともあるかと思いますが、我が子と一緒に、朝のお散歩をしてみたり、朝食のお手伝いなど生活リズムを作ってみると良いかもしれません。どうぞご家族で、健やかな、楽しい夏休みをお過ごしください。
posted by はやし太郎 at 14:12| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: