2019年10月31日

令和元年度 11月のおたより

 今秋は、青空をあまり眺めることも出来ず、季節の移り変わりが、いくつも押し寄せた台風に押し流されるかのように、瞬く間に寒気を呼び寄せてしまいました。


 それでも富士山の初冠雪は例年よりだいぶ遅いそうで、やはり温暖化による天候不順の影響は否めないように感じます。今年も運動会の日程を延期することになり、10月の週末の予定を、やむなく変更されたご家庭も多かったのではないかとお察し致します。お天気次第とはいえ、保護者の皆様のご協力に、本当に感謝申し上げたく存じます。幼稚園では、運動会以降も、手作りの万国旗や鈴を園庭に飾ると、子ども達の喜ぶ声が響きます。年長児の「夜のにぎやかな畑」の音楽が流れだすと、年中の女の子達も年長さんに衣装を借りて、振りを教えてもらいながら一緒にダンスを楽しむ姿が見られます。

 また、運動会前と変わらずに跳び箱や鉄棒、縄跳びに向かう年長児に混じって、年少児や年中児も果敢に挑戦する様子もあり、幼稚園中のどこを見ても、運動会にまつわる活動だけでなく、砂場やアスレチックでの遊びの様子に、学年やクラスの枠を超えた、子ども一人ひとりの興味や関心の「根」がしっかりと根付き始めているようです。そして、子どもと子どもの関わりの接点には、一人ひとりのやりたい「事(こと)」があるのですが、そのやりたいと思う遊びを介して、子ども同士の自然な関わりが生まれ、他者との関係性を主体的に学びあう姿があちらこちらで見られている、今は、そんな園児達の様子がとても活発に見られています。そこでは、どの子もが、気持ちに折り合いを付けたり、付けられなかったりと、子どもなりに、心の葛藤に苦労をしていますが、この経験は決して無駄にはならないと思います。一人ひとりの心の成長に繋がるように、ゆっくり、じっくりと見守り、時には向き合いながら、この育ちを支えていきたいと、教職員一同で感じています。


 さて11月早々には、りんりん祭、「小さな探検隊、どんなものが見えるかな」と、りんりん委員さん達が考えて下さった楽しそうなテーマでのおまつりが開催されますが、例年、子ども達の多彩な発想や豊かな創造力に出会えるのが楽しみです。一人ひとりがイメージしたものを大人の知恵をお借りしながら、クラスで形にし、まとめていく過程を楽しんで行きたいと思います。この活動も、保護者の皆様のご協力を仰ぐこととなりますが、子ども達にとっては、お友達のお父さんやお母さんと、親しく関わりを持てるとても素敵な経験となる事と思います。お時間の許す中で、我が子だけでなく、子ども達との会話も楽しみながらご協力をいただけると大変嬉しく思います。どうぞ宜しくお願い致します。


 先日地域の方から、運動会での園児達の姿をお褒め頂きました。「とてもよかった、子ども達が生き生きとして、素晴らしい内容でしたね」と、とても嬉しいお話でしたがその数日後、全日本私立幼稚園教育研究機構より、2年前に取り組んだ第3者評価を伴う公開保育実施園に対しての「ECEQ」認定証がとどきました。随分と時期が遅くなって、届いたものですが、私たちの園の幼児教育の質が高く評価されたものと、素直に受け止めています。幼児教育の無償化と共に取り入れられた、このECEQのシステムが、これからの日本の幼児教育に本当の意味で寄与出来る様に、形骸化する事のないようにあってほしいと願っています。それが、日本の私立幼稚園へ課せられた重い責任でもあると考えます。そしてこれからも、自園の保育の質の向上を広い視野を持って、教職員力を合わせ、取り組んでいきたいと考えております。


注 ECEQとは(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構による「公開保育を活用した幼児教育の質向上システム」である。
posted by はやし太郎 at 19:15| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: