2020年01月17日

令和元年度 12月のおたより

 早いもので、2019年も、もう最終月を迎えます。

 今年は、平成から令和へと元号の変わる特別な年でもありました。

ラグビーワールドカップでは、日本中の人々が、選手達の活躍に心躍らせ、この伝統あるスポーツの魅力の虜になったのもつかの間、来夏に開催される東京オリンピックへ向けて、様々なスポーツでアスリート達が真剣勝負を繰り広げる姿から、生きる勇気や元気をもらえるように感じたのは、私だけではないと思います。


 更には、野球やサッカー、フィギュアスケートでも毎日のように嬉しいニュースが私たちのもとに届きます。どのアスリートにとっても、スポーツに出会うきっかけは様々だとは思いますが、それが自分の好きな事になり、やり続けるために様々なサポートがあったからこその「今」があるのだと思います。その上で、本人がどれだけ大きな努力を積み重ねてきたのか、それは本当に敬服に値することと言えるでしょう。


 そして、この日本の国が、とりあえず平和で豊かであるからこそ、その努力が報われる、出来得る環境が整っている、ということが言えるのかもしれません。


けれど視線を変えて、世界中を見渡すと、貧困や差別、紛争や戦争など人間が作り出している不合理な事実ばかりが目に付きます。

いつ、世界の不協和音が大きくなり、バランスを失ってしまうのか、そんな危惧を感じるのは、ローマ教皇来日のニュースを受け、心なしかうごめいた私の老婆心のせいかもしれません。


これから成長と共に、自分の世界を広げて行く子ども達が、自分自身が大切に愛されているということを、しっかりと自覚しながら、他者との関わり方を学んでいく過程で、相手を尊重し、理解し合えるような人間性を持てるようになってほしいと心から願います。

それには「人はそれぞれ違う、違いがある」ということを知ることが大切ではないでしょうか。

他者との違いをマイナスな偏見にせずに、偏見を乗り越える力を培っていってほしいと願っています。



12月に入るとすぐに「はばたきの会」がありますが、これは表現の活動です。

学年によって取り組み方の考えが違いますので、詳細はまたお知らせをしていきたいと思います。


若葉会主催のお楽しみ会は、バザーの収益金で今年も「ロバの音楽座」による素敵なコンサートを企画して頂きました。


クリスマス会は文化委員さんによる心温まる劇と、先生や子ども達による楽しい時間を過ごした後に、趣を変えて、少し幻想的な時間を過ごしたいと考えています。

「目に見えないことを信じる」という経験が空想や想像の世界へ子ども達を誘い、自分の心の内を見る、経験にも繋がります。

毎年感じるのは「どの子もが、自分は良い子でありたい」と願っていることです。私たち大人はそこをしっかりと受け止めなければなりません。

クリスマスとは条件付きで「願いの品が手に入る日」ではなく、無条件にありのままの姿に対して「貴方は、この1年間、良い子だったね。」ということを、きちんと伝えてもらえることを、子ども達は望んでいるのです。良い子でありたいという最大の願いが叶えられることで、子ども達は安心して家族を信じる力を蓄え「良い子」への成長を助けられるような気がします。



 ところで昨年からアスレチック広場を拡張し、遊歩道や陽だまりのテラスが、ようやく出来上がりました。

毎日様子を見に行きますが、子ども達は学年を問わず遊び込んでいる姿が見られます。

まだ慣れない動線なので、必ず数名の職員がついていますが、色とりどりの帽子の子ども達が、次々やって来て、景色の広がりを満喫している様子もあり、今までとは、ひと味違う開放感を感じることのできる遊び環境が、出来たのではないでしょうか。

今後も、少しずつ新しい遊び場を増設し、子ども達の遊びの充実を図りながら、大いに活用していきたいと思います。



 さて、年末年始のお休みは、帰郷されたり、普段会うことのできないご親戚やご友人と交わる機会も増えることと思います。

また、子ども達にとっても、楽しいことが次々と重なるお休みです。

家族が一緒に過ごす時間が、いつもより長くなり、家庭の温かさや年末年始の過ごし方など、地域の伝統や風習を、子どもなりに実感するよい機会にもなるでしょう。

大掃除や新年を迎える支度など、大変ではありますが、お子様にも出来る簡単なお手伝いをお家の方と一緒にするなどして、家族の一員としての、ささやかな役割を与えられ、「ありがとう」を言ってもらえることで、喜びとプライドを感じ、成長のきっかけにもなると思います。



今年もあと僅かとなりますが、保護者の皆様には沢山のお力添えを頂きましたことに職員一同感謝申し上げます。

有り難うございました。

 どうぞ皆様、お健やかな新年をお迎え下さい。心より祈念致しております。
posted by はやし太郎 at 14:31| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: