2020年04月13日

令和2年4月のおたより

ご入園、ご進級おめでとうございます


今年は早くから、桜の便りが届き、春の訪れが早いのかと思っておりましたが、寒気が戻り、色とりどりの花々と新緑が目に優しい風景を作ってくれました。


例年でしたら、暖かい春の訪れに浮かれた気持ちになるのですが、今世界を揺るがす大きな不安に直面している私達は、この社会から笑顔を失いそうな気配を感じます。


今、私達の国の状況は厳しく、決して予断は許しませんし、困窮する社会情勢になる事も容易に想像ができます。

そして、世界の国々の中には、私達の想像をはるかに超える程、本当に困り果てている人々が大勢いることも忘れてはいけないと思いました。

同時にこんな時だからこそ将来を見据えて、世界中の人々が安心して暮らすことが出来る未来を創造する力を持った人の育成と言う視点から、目の前の子ども達の成長を支えていかなければならないと心から思うのです。

そして、世界中の子ども達の笑顔を絶やさない安心安全な社会を作っていくことが、大人達の果たすべき責任として明確になったのではないでしょうか。


もうしばらく、このウイルスを克服するために、「辛抱する力」が試されると思います。

園としてもやむなく休園を致しますが、皆さんで、力を合わせてこの事態を乗り切っていきましょう!



 さて、新年度を控え、教職員達は、進級や新しく迎えるお子様達に思いを馳せながら、着々と準備を進めて参りました。

 子ども達が幼稚園に一歩足を踏み入れた時から、ここが安心して自分らしく過ごせる場所となる様に、遊びの環境や落ち着いて過ごせるコーナーなども整えて参りました。

 また幼稚園全体の安全点検も済ませ、新年度の研修では、幼児教育に携わるものとしての心構えを改めて確認したところでした。


 子どもの前に立つ保育者として、常に穏やかで、丁寧な関わりが出来るように心掛け、一日でも早くお子様一人ひとりとの信頼関係を築けるように力を尽くして参ります。

物事は始めが肝心ですが、どのお子様にとっても、初めての環境に戸惑い不安を感じながらのスタートだと思います。

 特に長いお休みが続き、周りの社会状況の変化に敏感になっていることも考えられますので、私達は例年とは違う子ども達の様相であることを想像しながら、子ども達が少しずつ園生活のペースに馴染み、幼稚園が楽しみになる様に、教職員一同で子ども達を迎え、支えていきたいと考えております。


 園生活が始まると、それまでの各ご家庭のペースではなく、幼稚園生活を中心に一日の流れを整えて頂くようになるかと思います。

子どもにとって、健やかな成長のためには、質の良い睡眠と栄養バランスの取れた朝食が重要です。

 そうすることで幼稚園生活が安定し、子ども達一人ひとりのパワーの源である好奇心が芽吹き、伸び伸びとありのままの自分を出せるようになると思います。

 園の教育の基本である「子ども主体の遊びを保育の中心に据える」ということは、「子ども自らが見つける、やってみる、試行錯誤する、対話する」を繰り返すことですが、その過程で子ども達は育ち合い、学び合い、確実に伸びるのです。



私達は、園生活を通して保護者の皆様と心を通わせながら、信頼関係を築かせて頂きたいと考えております。

その為にも、皆様には私たちの保育を少しでもご理解頂けるように、更なる努力をしていきたいと考えております。


そして幼稚園がお子様の健やかな成長を共に願い、支え合う存在であるということ、また私たち教職員一同がしっかりとしたチームワークで、日々の保育を充実させていこうと考えておりますことも、ここでお伝えしたいと存じます。



もし、お子様のことで何かご心配がお有りでしたら、どんな些細なことでも担任にお声かけ頂きたいと存じます。


また幼稚園のことで確認や相談したいことも遠慮なくお声かけ下さい。今年度も若葉会の活動を始めとして、保護者の皆様には様々なご協力を賜ることと思います。


お子様を中心に据えて、保護者の皆様と幼稚園が手を携え、力を合わせお子様の成長を見守り育てることが出来るように、園との相互連携がとれますように宜しくお願い申し上げます。


例年通りの教育活動が阻まれることになり、心苦しい限りですが、子ども本来の特性を考えると、今はなるべく接触を最小限にとどめることが必要だと考えております。


保護者の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げ、新年度のご挨拶とさせて頂きます。


この月のおたよりでは、園の保育に対する考えや各学年のその月の保育のねらいをお伝えしております。


行事活動のお知らせもよくお読み頂き、はやし幼稚園の保育へのご理解を深めて頂けると幸いです。

posted by はやし太郎 at 11:53| Comment(0) | 園だよリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: