2018年11月20日

秋の味覚を楽しむ

こんにちは。
はやし幼稚園です。

気持ちのいい秋晴れが続く日々ですね。
IMGP9887.JPG

そうした中、幼稚園では園内のあちこちで【食欲の秋】を楽しんでいます。


まずは、秋といえば真っ先に思いつく食べ物ではないでしょうか?さつまいもです。
IMGP9898.JPG

10月から11月にかけて、はやし幼稚園では芋ほりをしました。
5月にさつまいもの苗を植えた際は、とても細々とした苗でしたが、丁寧に水やりをして、
少しずつ成長する苗にワクワクしながら夏休みを迎えました。

2学期に入ってからも定期的に畑に行き、生長を心待ちにしていた子どもたちでしたが、
ついに先日収穫することが出きました。

掘っても掘っても採りきれないほどたくさんのさつまいもを収穫したので、
園では【焼き芋】【ふかし芋】【すいとん】など様々な形で、
さつまいもを食べてきましたが、今日はさつまいもを鉄板で焼いて、
バターで炒めて食べることにしました。
IMGP9896.JPG

幼稚園にはバターとサツマイモのいい香りが満ち、
その香りに誘われた子どもたちが出来上がりを楽しみにしています。
IMGP9858.JPG


一方、園の南側にある遊び場ではもう一つの秋の味覚を収穫しようとしている子どもたちもがいます。
その味覚とは、柿です。

はやし幼稚園ではさつまいもと同様、秋になるとたくさんの柿が実ります。
毎年そのたくさん実った柿を採ろうと試行錯誤する姿も恒例となっています。

木に登って採ろうとしていますが、中々難しいようです。
IMGP9863.JPG

次に、1学期に梅を採った経験(詳細は以前のブログを見てみてください)を生かして、
棒を活用して落とそうとしています。
IMGP9866.JPG

IMGP9869.JPG

1学期の頃は年長組だけで活動が完結していましたが、11月にもなると
学年を超えて交流が盛んになります。
そのため、今日は年長組の子どもたちが年中組に採り方を教えて、
みんなで協力して柿を採っていました。
IMGP9905.JPG

高いところにある柿は先生の力を借りて採りました。
IMGP9908.JPG

おいしそうな大きな柿がたくさん採れました。
自分たちで採った柿はおいしさもひとしおです。
IMGP9889.JPG
落とさないように慎重に運んでいます。
IMGP9891.JPG

場面は変わり、さつまいもももうすぐ出来上がりです。
IMGP9852.JPG

「いただきます!」
おいもにバターを乗せたり、メープルシロップをかけたり。
色々な食べ方で楽しむ子ども達です。
IMGP9884.JPG

IMGP9878.JPG

柿はお昼ご飯の後のデザートとして食べました。
急遽デザートが増えた子どもたちは大喜びです。
IMGP9915.JPG


他にも、大根、春菊、ラディッシュなど子どもたちはたくさんの野菜を育てており、
冬にかけて様々な方法で食べる予定です。

はやし幼稚園では、上に挙げたような食育の活動が日々行われています。
一つ一つを大きな行事にすることなく、子どもたちの生活の中で、自然と、
”食を楽しむ”経験が行われることが大切であると私たちは考えます。

自分たちで育てて、生長を楽しみにして、出来上がったものをおいしくいただく。
子どもたちのおいしそうに笑顔で食べる姿を見て、改めて食べる事の大切さを感じた1日でした。
posted by はやし太郎 at 14:25| Comment(0) | 園生活

2018年08月20日

夏休みのアイアイ

こんにちは。
はやし幼稚園です。

先日、夏休み中のアイアイでピザを作りました。
突然ピザ?とお思いの方もいらっしゃると思います。
実は、はやし幼稚園保護者会【若葉会】の組織である「父親会議」の皆様がはやし幼稚園の子ども達のために、
アスレチックにピザ釜を作ってくださったのです。

これがそのピザ釜です。
018.JPG
父親会議のお父さん方、本当にありがとうございます。

そしてこんな素敵なピザ釜を使わない手はない!ということで、
ピザ生地作りから始める【自分だけのピザ作り】を行いました。

まずは、生地作りから。
037.JPG
こねてこねて、自分の好きな形のピザ生地にしていきます。
044.JPG

顔の形や、ハートの形にする子もいました。
090.JPG

これは何の形だと思いますか?
092.JPG

正解は・・・

飛行機です!!
まだ年少の子ですが、創造力豊かな一面が垣間見れました。


次は生地の上にピザの具を乗せていきます。
野菜はもちろんはやし幼稚園の畑で採れた野菜です。
何を乗せようかとお友達と話しながら、自分だけのオリジナルピザを作っています。
073.JPG

081.JPG

お肉たっぷりピザ、チーズたっぷりピザ、顔の形ピザなど
一人ひとりが思い思いのピザを作っていました。
097.JPG
出来上がりが楽しみですね。


具を乗せたら、あとは焼くだけです。
ピザ釜に入れると、1分足らずで出来上がりです。
101.JPG

いただきます!
103.JPG
おいしくできたようですね。私たち職員もうれしい限りです。
115.JPG

このように、はやし幼稚園では夏休み中でも預かり保育アイアイで
たくさんの豊かな経験ができるような日々を過ごします。

これからも預かり保育アイアイならではの生活をお伝えしていきたいと思います。
posted by はやし太郎 at 13:26| Comment(0) | 園生活

2018年06月12日

梅の実採り

こんにちは。
はやし幼稚園です。

はやし幼稚園内には果樹の成る木がいくつかあります。
その一つが梅の木なのですが、梅の実は熟してくるととてもいい匂いがして、
見た目もきれいなオレンジ色をしています。

ここ数日はそんな梅の実に誘われてか、たくさんの子どもたちが枝から落ちた梅の実を拾っていたのですが、
今日はもも組さんが梅ジュースや梅干しを作りたいということで、
枝に成っている梅の実を採りました。

悪戦苦闘の一日でしたが、子どもたちの育ちも垣間見えた瞬間でもありましたので、お伝えしたいと思います。


まずは、梅の木に登って直接取ろうということで、木登りが得意な子たちが登り始めました。
IMGP6389.JPG

IMGP6353.JPG

しかし、途中まで登れても梅の実に届く場所までは登ることが出来ません。

あと少し!!
IMGP6375.JPG

そこで今度は先生に相談しました。
「先生!だっこしてよ!そうすれば届くかも!」
さて、結果はどうでしょうか?
IMGP6366.JPG

やはりあと少しのところで、届きません。中々難しいですね。
IMGP6357.JPG

またもも組で話し合いが始まりました。
そこである子が一言。
「いつも使っている虫取り網を使って取ればいいんじゃない?」
IMGP6407.JPG

何度かの失敗の後、みんなで話し合った結果に出た作戦は大成功。
梅の実は虫取り網で触れるとぽろぽろ落ちてきました。
IMGP6408.JPG

しかしそこでまた問題が発生しました。
落ちた梅の実は地面にあたると、汚れてしまったり、傷がついてしまいます。
それでは梅の実を使ったジュースが出来ません。

そこで丁寧に一つずつ渡すことにしたのですが、中々難しいようです。
IMGP6403.JPG

今度は先生の知恵で、布を使って梅の実の受け皿にしようということになりました。
こうすればいくら梅の実が落ちてきても安心です。
IMGP6414.JPG

こうしてこんなにたくさんの梅の実が取れました。
IMGP6432.JPG

採った梅は丁寧に洗って干しました。おいしい梅ジュースになるといいですね。
IMGP6438.JPG

梅の実をとろうという何気ない出来事でも、最初から職員が答えを出すのではなく、
子ども達に考えてもらい、いろんな方法で試行錯誤をしながら、話し合いをしながら、
時には保育者が援助をして梅の実を獲得していくことが、まさに生活の中での学びに
なっていると実感しています。

また、もも組のある子が
「たくさん梅ジュースが作れたら、他のクラスにも分けてあげようね。」
と言っていました。
素敵な言葉ですね。

これからもはやし幼稚園の生活の中にある子ども達の体験や学びを
伝えていけたらと思います。
posted by はやし太郎 at 16:15| Comment(0) | 園生活